モバイル・WEBサービス

iOS/Android 端末での情報モニタシステムです。
VFEXからのOA情報とリンクしたデータを、タブレット等の端末上で確認することができます。
集計したデータをクラウドサーバ経由で書く端末に配信するので 瞬時に詳細な通過データ、区間データを確認することができます。
無線LAN、3G回線が届けばどこででも最新の情報を得ることができます。
もう情報表示用のPCを置くスペースも、有線回線の用意も必要ありません。 タブレット端末1つ持って出掛けるだけです。
情報モニタ以外にもアプリケーションの開発を承ります。 クラウドサーバの構築、端末レンタル含めた運用についてもぜひご検討ください。

クラウド型ロードレース情報モニタ

クラウドサーバを用いロードレースの各種データを送ります。
従来の弊社システムでは1対1通信で情報モニタサービスを提供してきましたが、
クラウドサーバを用いることにより いつでもどこでも情報を取得することが可能となりました。

データ処理の流れ

「データ配信ソフト」は、ロードレースシステムのデータが更新されたタイミングで、
各種データ(各中継所順位やタイム情報、移動車距離情報)をクラウドサーバに配信します。
「データ配信ソフト」が動作している間は、クラウドサーバ上のデータは常に最新です。

「情報モニタソフト」は、クラウドサーバから、データの更新時間を確認し、データが変わった
中継所や関門のみ、データをダウンロードします。
自動更新の場合は、更新情報を確認し、自動的に更新します。
手動更新の場合は、ユーザーのタイミングで更新情報を確認し、更新します。

クラウド型 ロードレース 情報モニタ構成

FAX表示システム構成例